とりあえずビールで。あとチャンジャーください。


by LOUD-VOICE_BLOG
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

はるの「ぼくのチキン」日記

f0041058_17422364.jpg

コンビニエンスストアーでの出来事です。

お腹が減ったので、腹ごしらえをしようと思い、
ゴキゲンな鼻唄(恋を止めないでではありません…あしからず)まじりで「ぜったいにスパイシーチキン食べる!」と心に深く誓い、コンビニへ到着。

意気揚々と、開いた自動ドアを跨ぎ、スパイシーチキンが保温器に温められているのをしっかりと肉眼で確認し、とりあえずお茶を手に取り、レジへ向かい、
レジ係のメガネのおにーさんに「スパイシーチキン二つとフライドチキン一つ下さい。」と注文しました。

そしておにーさんに「スパイシーチキンの袋は一緒でいいですか?」
と聞かれたので、
「三つとも一緒でいいですよ。」と親切心で答えたのです。

そしたらメガネ君がボソッと下を向いて一言。
「袋には二つしか入らねーんだよ…。」
とか言いやがりました。


「なんやぁ?なんか言いましたかぁ~?」なんてクレームは大人なぼくは言いません。
がしかし、久しぶりに人をどついたろかと思いました。思っただけです。
お母さんに「短気は損気。カルシウム足らんねん。牛乳飲み!」とよく言われたのを思い出し、無事会計を済ませ、家に帰り、瞑想しながらチキンを完食しました。

しかしびっくりしました。

ぼくはメガネのおにーさんの心の地雷でも踏んだのでしょうか?

逆に気使うわ!

でもスパイシーチキンはおいしかったです。


ほなね。
[PR]
by LOUD-VOICE_BLOG | 2007-03-14 17:42 | はるを